HTML5のアニメーション機能とFLASHってどっちがすごいの?

なんか話題になってるし書いとこうかな。
僕の出した結論から書くと、比べられる対象ではない。ということ。どちらも共存共栄になるだろう。
Appleはもう少しアニメーターのことを考えて発言してほしいわ…みんな仕事なくなるんじゃ…とか心配しちゃうでしょーあんな対応したら^^;
タイプが違うので、おそらく用途によって使い分けるべきだとおもう。
HTML5は、今までjQueryを入れないと難しかったことが簡単に出来るようになった感じ。
それ以外はあまり表示系では進化ないかなーとおもうんだが…
むしろHTML5で嬉しいのはフォーム系の充実化とセクションタグの追加かな。
まあこっちは今回のアニメーションとは関係ないので略。アニメーションを取り上げようか。


HTML5
FLASHでいうところのEnterFrameでの描写が基本のよう。パソコンによっては重い。
・ページ全体がアニメーション領域になる利点がある。
インタプリタのため、専用のコンパイラがなくても誰でも作れる。
そのかわりその場で描写が進むので全体Loadingは不可能か?必然的に重くなるはず。
・支援ツールがまだない。出来たとしてもタイムラインはまず無理だろう。全てコードで作成するプログラマ向けになると予想。
・HTMLとしての機能も使えるのでよりシステム的なものが作れる。D&D、ストレージとデータベースが使える。
・基本的に今後はアニメーション部分に関してはAppleに左右される可能性が高い。なぜならアニメーション機能のCanvas要素がApple発明だからw
・ブラウザがHTML5に対応して無いとダメ。

FLASH
・タイムラインで作業できるアニメーター向け。
プラグインの使うCPU量が激重。
・バグ多すぎ。
コンパイル形式だがかなり中途半端なコンパイル。アプリと同じ。
・基本的に今後はAdobeに左右される。
プラグインが無いとダメ。


まあこんな感じかなぁ。え、FLASHの悪口多い?気のせい気のせい。
で、結局どっちがいいかと聞かれると、おそらく最終的に機能ではどっちもどっちな状況になるだろう。
「ブラウザ最新じゃなきゃダメ」と「プラグイン最新じゃなきゃダメ」は業界的に同意義だ。そこは理由にならない。
HTML5でアニメーションを作ろうとする人は、かなりシステムチックな人たちだろう。
ただのプログラマがアニメーションでアニメーターに勝てるだろうか。まあまず無理だろう。
よってアニメーション→FLASH、システム→HTML5(というかFlexの位置)、という状況になるだろうなぁ。
Appleが「Flashバグ多い。独占技術。対応しない」とか言ってるのはCanvas機能を売り込みたいだけなので軽く聞き流すといいとおもう。まあバグ多いのは否定しないけどね。


うーむ、サイボウズみたいなグループウェアにアニメーション機能がつくのはちょっと楽しみだなー。
FLASHもこれを機会にサーバサイドのバージョンも作ってほしいな、とおもうのだが…